*

クリスタル・リバークルーズって?

公開日: : 最終更新日:2017/02/21 船の種類・航路

【海で培った極上サービスをリバークルーズで!】

ama
クリスタル・リバークルーズは海のクルーズで評判のいい、クリスタル・クルーズ社が2016年からはじめたリバークルーズ部門です。

食事代やお酒代、さらにはスペシャリティレストランでの食事やルームサービスなど、船内で受けられるサービスのほとんどがあらかじめ乗船料金に含まれているオールイン・クルーシブならではの気楽さ。

そして「和のこころ」のきめ細やかな温かいおもてなしの極上サービスをそのまま、リバークルーズにも取り入れました。

乗客の多くは「クリスタル・クルーズのオーシャンクルーズがとても良かったから、クリスタル・リバークルーズにも乗りに来た」とおっしゃるとか。

そして実際に乗ってみると「海と違って揺れない」「乗下船が楽」「寄港地の町が近くてのんびりと観光できる」。

そして何よりも「海と違って川沿いの景色をずっと眺めながら船旅をしていられる」という、ゆったりとしたリバークルーズの魅力にとりつかれるというわけです。

また、リバークルーズでは食事内容も土地のものを厳選して提供しますが、クリスタル・リバークルーズでもドナウ川クルーズではウィーン名物のザッハトルテやアップル・シュトゥルーデルといったデザートが出てきます。

もちろん船のパティシエが手作りしたもので、その完成度の高さは「食べ過ぎてしまって大変」と言われるほど。

パンも船内の専用ベーカリーで焼いた出来たてのものが毎日出てきますよ!

【クリスタル・モーツァルト号のドナウ川クルーズ!】

1130-16
クリスタル・モーツァルト号はクリスタル・リバークルーズの記念すべき第1船です。

世界遺産の寄港地が多いドナウ川を上り下りするコースが専門で、そのラグジュアリーな船旅の魅力は早くもクルーズファンの人気を集めています。

客室は全室スイート仕様でバトラー付き。

なんと日本のウォシュレットが完備されていて、バスローブに浴衣まで用意されてあるのが日本人客には嬉しいところです。

船の幅も22mと通常のリバー船の倍もあるため、ひとつひとつの客室の造りもゆったりとしていて、とても居心地がいいのです。

メインダイニングも広々としていて、パーティができるヴィンテージルームまであります。

天候に関わらずプールやジャグジーを楽しめる屋内スペースも、星空を眺めながらくつろげるバーもありますから、とことん快適な川の船旅を満喫できます。

前章で述べたように料理も抜群ですし、寄港地ではミシュラン星付きレストランへの送迎付きグルメ体験まで含まれているので、天国のようなクルーズですね。

もちろん寄港地での無料観光ツアーも充実しており、ブダペストの王宮や中世の美しい礼拝堂見学、地ビールの試飲やクラシックコンサートまで多岐にわたる趣向が満載です。

スタッフのサービス水準も高く、美男美女揃いなので「さすがはクリスタル・クルーズ!」と感動するお客さんも多いとか。

一度乗ればリピーターになること間違いなし、ですね(^^)

【ラグジュアリークリスタル・リバーヨット!】

1130-30
2017年はさらなるリバークルーズの展開が待っています。

それは「ラグジュアリークリスタル・リバーヨット」

オールインクルーシブの快適さはそのままに、まるでヨットのようなデザインの広い宿泊施設を持った2隻のクルーズ船がヨーロッパの川を航行します。

広々としたダンスフロアー、ガラスで覆われたドーム型の屋根のパームコートに充実した設備のフィットネスセンター、スパもあり、海のクルーズのような開放感が味わえます。

航路は他のリバークルーズとの混雑を避けてあえて独特なコースを選んでいますから、美しい景色もゆったりと眺めることができますよ。

クリスタル・バッハのコースはライン渓谷中流から上部にわたる航路で、「美しい妖精の声が船頭を誘惑して水の中に引き込む」という伝説のローレライやライン川・モーゼル川沿いにある中世の古城、緑豊かなぶどう畑が楽しめます。

クリスタル・マーラーのコースではライン川・マイン川・ドナウ川を航行しオランダ、ドイツ、オーストリア、スロバキア、ハンガリーの7カ国をめぐる壮大な船旅となります。

ドナウの真珠と謳われるブダペストの王宮、ドイツゴシック建築の美をあらわすレーゲンスブルクの大聖堂と旧市街の眺めはなんともロマンティックですよ。

小さな村の古い教会や農家などもぜひ散歩しながら見て頂きたいですね。







関連記事

クルーズ船の違いって何ですか?

クルーズ旅行が初めて という方であれば、 どんなクルーズ船に 乗ったら良いのかという事も 迷

記事を読む

ダイヤモンドプリンセスの現在位置を知るには?

今では飛行機も船も、 GPSでどこにいるかが すぐにわかる時代です。 クルーズ船も例外では

記事を読む

春休みに家族でディズニークルーズはいかが?

春休みにディズニーランドに行こう と思っているディズニーファンの ご家族の皆様、 この春は

記事を読む

フッティルーテンのオーロラクルーズはどう?

「世界で最も美しい船旅」と 称されるのは、 ノルウェーの船会社 フッティンルーテンの ノル

記事を読む

”はなまる”なクルーズ

すでに放送が終了してしまっている 『はなまるマーケット』で、 2013年にはとても多くの クル

記事を読む

ラグジュアリー船ってどんな船?

クルーズ船の案内を 見ていると、 クルーズ船の種類にも いくつかあることが分かります。

記事を読む

日本の冬に行きたい ハワイクルーズ

【ハワイは冬がおすすめ!】 クルーズと言えば夏のイメージが強いですが、オフシーズンともいえる冬

記事を読む

ヨーロッパ冬のリバークルーズが人気の理由!

【クリスマスリバークルーズが人気!】 クルーズの旅といえば海を思い浮かべる方が多いでしょうが、

記事を読む

コスタビクトリアの日本クルーズについて知りたい

陽気で気さくなイタリアン スタイルのおもてなしが人気の クルーズ船・コスタビクトリア。 好

記事を読む

サンフアン(プエルトリコ)の観光&国定史跡情報

カリブ海に浮かぶ島プエルトリコは、 16世紀にスペインによって 植民地化された際に 「豊

記事を読む

北海道の小樽港ってどんなとこ?

【貿易拠点から観光拠点へ】 北海道の小樽港は明治から大正時代にか

行ったことある?魅惑のキューバクルーズ

【クルーズ発祥の地カリブ海の真珠】 カリブ海はクルーズ発祥の地で

山形県の酒田港ってどんなとこ?

【江戸時代は北前船、現代は大型客船の港!】 酒田港は山形県を代表

セレブリティ・ミレニアムについて知りたい

【モダンラグジュアリーなプレミアム船】 洗練されたサービスとクオ

来年の夏こそはドナウ川クルーズへ

【夏ならではの美しい風景!】 ドナウ川クルーズというと最近は冬の

→もっと見る

  • クルーズガイド運営者: ゆか

    京都に住んでいる40代・女性です。
    旅行が大好きで、初めてクルーズに行ってからクルーズが大好きになりました。

    クルーズのお得な情報や最新のお話を掲載していますので、ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

    クルーズ経験

    ◆ダイヤモンド・プリンセス(プリンセスクルーズ)
     日本一周クルーズ 、 北海道周遊クルーズ

    ◆ノルウェージャン・エピック(ノルウェージャン・クルーズ)
     地中海クルーズ

    ◆ボイジャー・オブ・ザ・シーズ(ロイヤルカリビアンクルーズ)
     日本半周&ソウルクルーズ

    ◆ゴールデン・プリンセス(プリンセス・クルーズ)
     台湾発 沖縄(那覇・宮古島・石垣島)クルーズ

    ◆アマデウス・シルバーⅡ(ルフトナークルーズ)
     ライン川クルーズ&クリスマスマーケット

    ◆にっぽん丸

PAGE TOP ↑