*

一度は行きたい南極クルーズ!

公開日: : 最終更新日:2017/05/16 未分類, 船の種類・航路

【南極への旅は今や快適!】

nankyoku-cruise
昔、南極といえば探検隊が遠征して行く特殊なところというイメージがありました。

またその旅路でも船が沈没したり凍りに閉じ込められたり、さらには飢えと寒さなどで亡くなった隊員も少なくありませんでした。まさに命がけだったのです。

しかし現在、南極への旅は「海の上の動く一流ホテル」である優雅なクルーズ客船で、波の揺れさえもほぼ感じることなく行くことができるのです。

船内は寒さなど嘘のように快適で、大きな窓から南極ならではの氷の芸術を眺めながら食事をしたりお酒を飲んだり出来ます。

その料理もミシュランシェフ監修といったレベルの高いフルコースが食べられたりするのですから、夢のような話ですね。

航行中も南極についての興味深いレクチャーが開催され、素人にもわかりやすく楽しめるように説明をしてくれますから安心です。

もちろんクルーズ船の目玉である船長主催のパーティもありますし、船内のシアターではダンスショーやコンサートなどのエンターテイメントも上演されます。

南極クルーズは景色がメインですから、ほとんどがバルコニー付きの客室。

天気のいい日はバルコニーに出てもいいし、ベッドに寝転びながら大きな窓越しに南極の絶景を眺めるのもおすすめです。

時期によっては白夜になるので、薄いピンクや紫に染まった神秘的な光景も楽しめますよ!

【南極はスペシャル野生動物園!】

nankyoku-1
南極といえば氷山や流氷も美しいですが、さらに注目して欲しいのが野生動物たちです。

一番人気は何といってもペンギンでしょう。

昔なつかしのCMソングで♪氷のお山ですまし顔 いつも気取ってえんび服♪と唄われていた可愛いペンギン達、しかもものすごい数の団体ペンギン(笑)を見られるんです!

卵を交替で温めるイクメンペンギンや、海に向かって行進するお散歩ペンギンなどなど、可愛すぎてたまりません。

南極にはたくさんのアザラシもいて、氷の上で寝そべったりゴロゴロしている姿はなんとも人間臭くてユーモラス。赤ちゃんアザラシはまるでぬいぐるみのようですね。

そして南極クルーズの大きな目玉といえば、これまた大きなクジラ!最大級で体長19mにも及ぶザトウクジラを見ることもありますよ。

クジラの群れや、ブリーチングと呼ばれる大きなジャンプをする姿も大迫力です。

これらの動物は船の上から眺めたり、下船してゾディアックという高性能ゴムボートに乗り換えて南極大陸に上陸して、間近で見ることも出来ます。

他のクルーズでは味わえない、まさに「非日常」の世界を体験できる南極クルーズ。

一度は行きたい、そして一度行くとまた行きたくなるというのももっともですよね(^^)

【ラグジュアリー船で南極へ!】

阪急
南極クルーズを催行している船会社はいろいろありますが、なかでもイチオシなのはフランスの名船「ル・ボレアル」でしょう。

約1万トンの小型船で、乗組員1人に対して乗客1.2人という決め細やかな対応をしてもらえます。

「小型船だと揺れやすいのでは?」とご不安な方、どうぞご安心下さい!

ル・ボレアルは高性能なスタビライザー(揺れ防止装置)を備えており、また耐氷性能も優れていて、流氷だらけのの海でも安心です。

船内は白を基調にグレーとビビッドな赤を配したスタイリッシュな空間。このシンプル&モダンなインテリアがまた南極の景色と素晴らしく合うのです。

そして外国のクルーズ船には珍しく、トイレとバスルームが別になっているのも日本人には嬉しい仕様ですね。

さて、クルーズの最も重要なポイントである食事について。

ル・ボレアルは「美食のフランス船」と称されるほど美味しい料理を味わえる船。

ある旅行会社のクルーズグルメランキングでも夕食部門で堂々の1位を獲得したんです(^^)V 

「洋上でこれほど繊細な火加減の料理が味わえるとは!」とあちらこちらで感嘆の声が挙がっていますよ。

2018年2月には阪急交通社初の南極クルーズチャーター

「名船ル・ボレアルで航く大自然感動体験南極紀行16日間」

が予定されていますので、この機会にぜひ南極クルーズをご体験下さい!







関連記事

にっぽん丸はクルーズ初心者にも人気

【初めてのクルーズならにっぽん丸!その理由とは】 日本のクルーズ客船は飛鳥Ⅱ・にっぽん丸・

記事を読む

MSCスプレンディダについて知りたい

【イタリアのきらめく超大型客船!】 MSCクルーズのMSCスプレンディダは13万7千トンもある

記事を読む

日本船でのクルーズ比較

日本船籍のクルーズ船は飛鳥Ⅱ、 にっぽん丸、ぱしふぃっくびいなす の3隻があります。 それ

記事を読む

リバークルーズ船でも宿泊できるの?

リバークルーズというと、 日本の観光地でもよくある 川くだりのようなイメージを 持たれてしまう

記事を読む

プライド・オブ・アメリカについて知りたい

プライド・オブ・アメリカは “フリースタイルクルージング” がテーマのカジュアルクルーズ

記事を読む

ダイヤモンドプリンセスが人気の理由

【日本人にあわせた豪華外国客船!】 数ある外国客船のなかでもダイヤモンド・プリンセスの人気が高

記事を読む

コスタクルーズってこんな船

【洋上のイタリア!気ままなカジュアルクルーズ】 コスタクルーズはイタリアのジェノヴァに本社を置

記事を読む

ヨーロッパ冬のリバークルーズが人気の理由!

【クリスマスリバークルーズが人気!】 クルーズの旅といえば海を思い浮かべる方が多いでしょうが、

記事を読む

福岡港に来る豪華客船って何ですか?

福岡の博多港は20年以上連続で 外国航路船舶乗降人数日本一を 誇る港です。 豪華客船

記事を読む

ウインドスタークルーズについて教えて

【“ヨットスタイルクルーズ”を体感できる客船!】 クルーズファンの憧れである「ヨットスタイル」

記事を読む

北海道の小樽港ってどんなとこ?

【貿易拠点から観光拠点へ】 北海道の小樽港は明治から大正時代にか

行ったことある?魅惑のキューバクルーズ

【クルーズ発祥の地カリブ海の真珠】 カリブ海はクルーズ発祥の地で

山形県の酒田港ってどんなとこ?

【江戸時代は北前船、現代は大型客船の港!】 酒田港は山形県を代表

セレブリティ・ミレニアムについて知りたい

【モダンラグジュアリーなプレミアム船】 洗練されたサービスとクオ

来年の夏こそはドナウ川クルーズへ

【夏ならではの美しい風景!】 ドナウ川クルーズというと最近は冬の

→もっと見る

  • クルーズガイド運営者: ゆか

    京都に住んでいる40代・女性です。
    旅行が大好きで、初めてクルーズに行ってからクルーズが大好きになりました。

    クルーズのお得な情報や最新のお話を掲載していますので、ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

    クルーズ経験

    ◆ダイヤモンド・プリンセス(プリンセスクルーズ)
     日本一周クルーズ 、 北海道周遊クルーズ

    ◆ノルウェージャン・エピック(ノルウェージャン・クルーズ)
     地中海クルーズ

    ◆ボイジャー・オブ・ザ・シーズ(ロイヤルカリビアンクルーズ)
     日本半周&ソウルクルーズ

    ◆ゴールデン・プリンセス(プリンセス・クルーズ)
     台湾発 沖縄(那覇・宮古島・石垣島)クルーズ

    ◆アマデウス・シルバーⅡ(ルフトナークルーズ)
     ライン川クルーズ&クリスマスマーケット

    ◆にっぽん丸

PAGE TOP ↑