*

日本人におすすめの日本のクルーズ船

公開日: : 最終更新日:2017/07/11 船の種類・航路

【25年連続1位!ダントツ人気の飛鳥Ⅱ】

aska
船旅マガジン「CRUISE」主催の客船人気ランキング、クルーズシップ・オブ・ザ・イヤーではなんと25年連続で1位を獲得している飛鳥Ⅱ

日本のクルーズファンにとってはもう別格の存算ですね。

その人気の理由は日本最大の豪華客船であることはもちろんですが、

クルーの方々の対応が素晴らしいと言う声が圧倒的なのです。

「まじめで優秀な方ばかりでいつも感心する」

「高級旅館のような心遣いが嬉しい」

「洗練された気品があって、なおかつ親切で温かく、丁寧な応対が見事」

との賞賛が後を絶ちません。

また、日本船ということを強く意識し、日本文化とクルーズの融合を掲げるテーマクルーズも特色のひとつ。

2014年には国技・大相撲とのコラボレーションで大相撲クルーズを催行。

白鵬関や稀勢の里関といった人気力士と共に乗船し、トークショーに大相撲セミナー、プレゼント抽選会も。

相撲甚句披露に加え、ちゃんこの振る舞いまである、相撲ファンにはなんとも堪えられない内容でした(^^)

その後も日本文化をテーマにしたクルーズは続き、古典芸能の文楽や宝塚歌劇とのコラボなど、他では体験できない個性的なテーマクルーズを行っています。

また、船内の食事も和食へのこだわりが強く、寿司レストラン海彦のシェフは旬の食材を探しに寄港地の市場に自ら足を運んで仕入れることも。

日本酒の銘柄も一般にあまり流通しない厳選されたものを飛鳥オリジナルラベルで提供するなど、食通からの評価も高いのです。

【美食とここだけの風景!にっぽん丸】

_np
戦前から客船事業を手がけてきた日本唯一の船会社、商船三井客船。

その伝統とノウハウを今に活かして乗客から深く愛されているのがにっぽん丸です。

船でしか行けない場所、見られないここだけの風景にこだわってのクルーズプランでは、スモールラグジュアリーシップならではの魅力が満載。

離島の小さな港や狭い海峡を航行し、デッキから海を泳いでいる魚やウミガメを眺める楽しさもにっぽん丸ならではです。

時には船長自らが海図を見て山並や岬の風景の美しさを見抜き、航路を変えることもあるとか。

こうした細やかさは「美食の船」といわれるほどの料理にも良く現れています。

和食の極意をモットーに、素材の旨みを活かしたまろやかで深い味付けが特徴で、乗客のことを考えて海の状態に合わせて料理を微妙に調整したりすることも。

また、寄港地の郷土料理をハイセンスな盛り付けで取り入れたり、テーマクルーズとコラボした極上の創作料理を提供するのもにっぽん丸の強みです。

「椿姫」のオペラクルーズでは薄紅色の真鯛のスライスが椿の花を形作っていて、本当にきれいで食べるのがもったいないくらいです。

現代アートの祭典とのコラボクルーズではゴッホの「ひまわり」やモネの「睡蓮」をモチーフにした芸術作品のような料理も。

目で見て満足、味わって満足と、身体も心も魅了されるにっぽん丸クルーズがここにあります。

【心温まる“ふれんどしっぷ”!ぱしふぃっくびいなす】

0927-30
3隻ある日本船のうち、最もクルーと乗客の距離感が近いのは、ぱしふぃっくびいなすではないでしょうか。

船のポリシーがフレンドシップ(ship=船)というだけあって、クルーには笑顔がいっぱい。

友達のような気さくさで心のふれあいができる雰囲気に満ちています。

船内でのイベントも専門のエンターティナーではなく、クルー自らが企画・準備し、時には着ぐるみなどの扮装もして盛り上げることが多く、手作りならではの温かさがこもっています。

しかし、よくある熱意だけで空回りするといったことはなく、クルー自らが「心から楽しんで遊ぶ心」で盛り上げてくれるので、乗客も自然と心と体が動かされていくのです。

松井船長も自らギターとハーモニカを演奏し、歌まで披露してくれるので「歌って踊れる船長」として大人気!

船長講話でも「変わった切り口で面白い」と評判なので、ぜひ乗船して船長のお話を聞いてみたくなりますね。

ぱしふぃっくびいなすは乗客だけでなく、寄港地の人々との絆も大切にします。

あの東日本大震災後のわずか2ヶ月後から復興支援のため東北に寄港し、その後も毎年復興にちなんだクルーズを多数行っています。

「震災のずっと前からいつも船を歓迎して下さっていたから」

そのお礼をこめての寄港支援で、さらなる絆が深まりました。

喜界島では船名にちなんで「びいなすちゃん」と名づけられたヤギも寄港の際にはお迎えをしてくれるなど、船側と寄港地側の温かいつながりを感じさせるエピソードも多いですよ(^^)







関連記事

MSCスプレンディダについて知りたい

【イタリアのきらめく超大型客船!】 MSCクルーズのMSCスプレンディダは13万7千トンもある

記事を読む

日本船でのクルーズ比較

日本船籍のクルーズ船は飛鳥Ⅱ、 にっぽん丸、ぱしふぃっくびいなす の3隻があります。 それ

記事を読む

サンプリンセスの現在地(現在位置)はどこ?

昨年から日本発着便を催行し始めた プリンセス・クルーズのプレミアム船、 サン・プリンセス号。

記事を読む

ラグジュアリー船ってどんな船?

クルーズ船の案内を 見ていると、 クルーズ船の種類にも いくつかあることが分かります。

記事を読む

プライド・オブ・アメリカについて知りたい

プライド・オブ・アメリカは “フリースタイルクルージング” がテーマのカジュアルクルーズ

記事を読む

乗ってみたいリーガルプリンセス号

新造船のリーガルプリンセスの クルーズ予定は どうなっているのでしょうか?  

記事を読む

今話題のピースボートのこと教えて

【地球一周が129万円で!?】 飲食店などに貼られた「地球一周の船旅・129万円」と書かれたポ

記事を読む

3代目といえば…「おがさわら丸」が熱いんです!

【新生おがさわら丸は速い!きれい!】 J Soul Brothersではありませんが(笑)こち

記事を読む

フッティルーテンのオーロラクルーズはどう?

「世界で最も美しい船旅」と 称されるのは、 ノルウェーの船会社 フッティンルーテンの ノル

記事を読む

日本の冬に行きたい ハワイクルーズ

【ハワイは冬がおすすめ!】 クルーズと言えば夏のイメージが強いですが、オフシーズンともいえる冬

記事を読む

北海道の小樽港ってどんなとこ?

【貿易拠点から観光拠点へ】 北海道の小樽港は明治から大正時代にか

行ったことある?魅惑のキューバクルーズ

【クルーズ発祥の地カリブ海の真珠】 カリブ海はクルーズ発祥の地で

山形県の酒田港ってどんなとこ?

【江戸時代は北前船、現代は大型客船の港!】 酒田港は山形県を代表

セレブリティ・ミレニアムについて知りたい

【モダンラグジュアリーなプレミアム船】 洗練されたサービスとクオ

来年の夏こそはドナウ川クルーズへ

【夏ならではの美しい風景!】 ドナウ川クルーズというと最近は冬の

→もっと見る

  • クルーズガイド運営者: ゆか

    京都に住んでいる40代・女性です。
    旅行が大好きで、初めてクルーズに行ってからクルーズが大好きになりました。

    クルーズのお得な情報や最新のお話を掲載していますので、ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

    クルーズ経験

    ◆ダイヤモンド・プリンセス(プリンセスクルーズ)
     日本一周クルーズ 、 北海道周遊クルーズ

    ◆ノルウェージャン・エピック(ノルウェージャン・クルーズ)
     地中海クルーズ

    ◆ボイジャー・オブ・ザ・シーズ(ロイヤルカリビアンクルーズ)
     日本半周&ソウルクルーズ

    ◆ゴールデン・プリンセス(プリンセス・クルーズ)
     台湾発 沖縄(那覇・宮古島・石垣島)クルーズ

    ◆アマデウス・シルバーⅡ(ルフトナークルーズ)
     ライン川クルーズ&クリスマスマーケット

    ◆にっぽん丸

PAGE TOP ↑