*

今話題のピースボートのこと教えて

公開日: : 最終更新日:2017/08/01 船の種類・航路

【地球一周が129万円で!?】

PBposter
飲食店などに貼られた「地球一周の船旅・129万円」と書かれたポスターを見たことがありませんか?

これは「ピースボート」という日本のNGO(非政府組織)団体が主催している船舶旅行の宣伝広告です。

普通、クルーズ客船で世界一周旅行をしようとすれば、一番安い内側窓なしの部屋でも300万~400万円くらいはかかりますから、かなりお安いですね。

では船が大したことないのかというと、そんなことはありません。

オーシャンドリーム号という3万5千トンの船で11階建て。日本船のにっぽん丸やぱしふぃっくびいなすよりも大きくて約1400人が乗ることができます。

クルーズ船らしくプールや展望ジャグジーもありますし、コースディナーが味わえるレストランやビュッフェも。

料理は和食を中心にバーラウンジも多数ありますしスポーツジムも完備。

客室も一番安い部屋は窓なしの4人部屋(2段ベッドが2つ)ですが、バルコニー付きの2人部屋などもあります。

内装も普通のホテルのようですから、けっして「安かろう、悪かろう」ということはありません。

実際にピースボートに乗船した人の多くがリピーターになっていますし、料理も美味しいと喜ばれています。

「豪華とまでは行きませんが、野菜も多く玄米食もあって健康的。麺類もいろいろ出るのが嬉しい」とのこと。

夜には居酒屋「波へい」もオープンし、刺身なども美味しく頂けます。

でも、ピースボートの船旅の最大の魅力はちゃんと別にあるんです!

【船上での国際交流が最大の魅力!】

PB-image
ピースボート最大の魅力、それは「交流」です!

人と人との出会い、思いの伝え合い、学びそしてふれあいから生まれる感動こそが、ピースボートの船旅がくれる宝物なのです。

ピースボートには今流行の大型クルーズ船のようなアミューズメント施設はありません。

でも、本当にたくさんのイベントが開催されます。

船内新聞のタイムテーブルには朝から夜までびっしりと様々な企画が掲載されています。

船内には人が集えるサロンのようなスペースが多く、ラウンジやバーまでもイベント会場になります。

たとえば朝は太極拳やヨガなどで身体を動かして、朝食の後はカルチャースクールで英会話やスペイン語会話など、外国の文化の紹介を交えた楽しい講座が聞けます。

また、国際平和と交流をテーマにした講座も多く、中東問題やアウシュビッツ収容所の話など現代や過去を問わずわかりやすく講義をしてもらえます。

そしてピースボートには「水先案内人」と呼ばれる各界の著名人の方も多く乗船され、船内で講演会をしてくれるのです。

ルポライターや医師、ミュージシャンに探検家、落語家に弁護士に写真家など、実に多岐に渡る講師が登場します。

実はこうした講座は、乗船客自身も企画して開催することができるんです。

たとえば「バックパッカーの魅力について」乗船客の方が講演した例などもありますよ。

寄港地の文化にちなんだパーティや民族衣装ファッションショーなど楽しい企画も満載です♪

【新造船は世界一のエコシップ!】

PB-ecoship
国や世代を超えた国際交流ができるピースボートでの地球一周はまもなく100回を数えようとしています。

第100回の記念クルーズは2018年12月から翌2019年春にかけてアフリカ・南米・南太平洋をめぐる旅で、料金はなんと通常よりも10万円安い119万円からとなっています。

記念すべきクルーズに参加したい人はぜひご検討下さい!

また、2017年の夏にはオーロラシーズンのアイスランド方面、2018年秋にはヨーロッパ&カリブ海へ行き、洋上からのオーロラ鑑賞や世界遺産都市をまわる旅も用意されています。

こちらも要チェックですね。

そして2020年には、なんとピースボートから新造船がデビューします!

乗客定員2千人、客室数750室、総トン数は6万トンと、なんとあの飛鳥Ⅱを上回る大型客船なのです!

さらにこの船は自然の力を利用した「世界一のエコシップ」

10本の帆を高々と掲げ、太陽光発電やLNG(天然ガスを低温加熱して発生させる液化天然ガス)燃料推進を取り入れているので、硫黄酸化物や窒素酸化物の排出もゼロという、環境に優しい船なのです。

また、船内は植物があふれていて五層吹き抜けの天窓からまぶしい光が降り注ぎます。

世界中から乗り合わせた乗客たちがここで癒され、和やかに交流する姿が眼に浮かぶようです。

客室も2階建てのスイートルームなど豪華客船的要素も取り入れているので、新たな客層も増えそうですね。これは楽しみです!







関連記事

”はなまる”なクルーズ

すでに放送が終了してしまっている 『はなまるマーケット』で、 2013年にはとても多くの クル

記事を読む

日本人におすすめの日本のクルーズ船

【25年連続1位!ダントツ人気の飛鳥Ⅱ】 船旅マガジン「CRUISE」主催の客船人気ランキング

記事を読む

日本の海を航行するフェリーが凄いって!

【USJなど大阪での移動が便利な大洋フェリー】 近年はクルーズ客船が大人気ですが、実は日本のフ

記事を読む

フッティルーテンのオーロラクルーズはどう?

「世界で最も美しい船旅」と 称されるのは、 ノルウェーの船会社 フッティンルーテンの ノル

記事を読む

コスタビクトリアの日本クルーズについて知りたい

陽気で気さくなイタリアン スタイルのおもてなしが人気の クルーズ船・コスタビクトリア。 好

記事を読む

この秋に乗船できるクルーズ船いろいろ

【日本人のための外国客船!ダイヤモンド・プリンセス】 「外国のクルーズ客船に乗ってみたいけれど

記事を読む

コスタビクトリアの日本発着クルーズについて知りたい

【福岡・金沢・舞鶴で新たに発着!】 2016年のコスタビクトリア 日本発着クルーズでは、

記事を読む

ヨーロッパ冬のリバークルーズが人気の理由!

【クリスマスリバークルーズが人気!】 クルーズの旅といえば海を思い浮かべる方が多いでしょうが、

記事を読む

リバークルーズ船でも宿泊できるの?

リバークルーズというと、 日本の観光地でもよくある 川くだりのようなイメージを 持たれてしまう

記事を読む

一度は行きたい南極クルーズ!

【南極への旅は今や快適!】 昔、南極といえば探検隊が遠征して行く特殊なところというイメージがあ

記事を読む

北海道の小樽港ってどんなとこ?

【貿易拠点から観光拠点へ】 北海道の小樽港は明治から大正時代にか

行ったことある?魅惑のキューバクルーズ

【クルーズ発祥の地カリブ海の真珠】 カリブ海はクルーズ発祥の地で

山形県の酒田港ってどんなとこ?

【江戸時代は北前船、現代は大型客船の港!】 酒田港は山形県を代表

セレブリティ・ミレニアムについて知りたい

【モダンラグジュアリーなプレミアム船】 洗練されたサービスとクオ

来年の夏こそはドナウ川クルーズへ

【夏ならではの美しい風景!】 ドナウ川クルーズというと最近は冬の

→もっと見る

  • クルーズガイド運営者: ゆか

    京都に住んでいる40代・女性です。
    旅行が大好きで、初めてクルーズに行ってからクルーズが大好きになりました。

    クルーズのお得な情報や最新のお話を掲載していますので、ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

    クルーズ経験

    ◆ダイヤモンド・プリンセス(プリンセスクルーズ)
     日本一周クルーズ 、 北海道周遊クルーズ

    ◆ノルウェージャン・エピック(ノルウェージャン・クルーズ)
     地中海クルーズ

    ◆ボイジャー・オブ・ザ・シーズ(ロイヤルカリビアンクルーズ)
     日本半周&ソウルクルーズ

    ◆ゴールデン・プリンセス(プリンセス・クルーズ)
     台湾発 沖縄(那覇・宮古島・石垣島)クルーズ

    ◆アマデウス・シルバーⅡ(ルフトナークルーズ)
     ライン川クルーズ&クリスマスマーケット

    ◆にっぽん丸

PAGE TOP ↑