*

日本船で気軽にショートクルーズを楽しみたい

公開日: : 最終更新日:2017/09/05 船の種類・航路

【日本最大の船・ラグジュアリーな飛鳥Ⅱ】

aska
「クルーズ客船の旅をしてみたいけれど、長期の休みは取れないしお金もかかるし。外国だと言葉も不安…」

という方には、日本船でのショートクルーズをおすすめします!

日本を代表する客船、飛鳥Ⅱではワンナイトクルーズから2泊・3泊といった国内ショートクルーズを多く催行しているので、初めてのクルーズにもぴったりです。

お気軽に夫婦の記念日やお祝い事などに乗船される方も多いですよ。

5万トンという日本最大の大きさを生かし、船内は豪華でゆったりとした造りになっています。

本格的なプロダクションショーや、アスカオーケストラの演奏も素晴らしいパーティからのフォーマルディナーは、まさに非日常のラグジュアリーな時間です。

飛鳥Ⅱでは様々な趣向を凝らしたクルーズもよく行っており、この秋には「~幕末・維新のロマンを訪ねて~くろしお土佐・鹿児島クルーズ3日間」も催行されます。

今年は徳川幕府が朝廷に返上して150年になる大政奉還150周年記念の年でもあるので、土佐の英雄・坂本龍馬や薩摩の英雄・西郷隆盛のゆかりの地を回るのもいいですよね。

音楽の好きな方にはザ・グレン・ミラーオーケストラクルーズはいかがでしょう。

「ムーンライト・セレナーデ」などアメリカン・ジャズの世界を船上で楽しめます。

また11月には八代目中村芝翫親子の襲名記念歌舞伎クルーズもあります。

日本の伝統に親しむにはやはり日本船ですね(^^)

【美味なる船のおもてなし・にっぽん丸】

_np
にっぽん丸は日本船の中でも料理の美味しさでダントツの人気を誇っています。

「美食の船」と異名を取るこの船では、季節の食材のなかでも特に旬の逸品を選んでメニューを考え、寄港地にちなんだものも多く取り入れるので、旅路の良さが倍増するのです。

料理も日本船ならではの懐石風和食をはじめ、フレンチなど多岐にわたっており、また軽食のハンバーガーやカレーライスも大人気で、特にカレーはお土産用にレトルトパックも販売するほどなのです。

朝食に並ぶパンは船のパン職人が毎朝焼き上げる出来立てなので大変香ばしく、朝早くからこのパンを楽しみに乗客が集まってきます。

そしてにっぽん丸のスタッフの心のこもったおもてなしもまた大人気で、操舵室の見学体験をした乗客の口コミでも

「今までにも操舵室の見学をしたことはあるが、にっぽん丸ほど親切に説明をしてくれる船は他にはなかった」

との感想があるほど。

そしてにっぽん丸の大きさは1万トンと日本船の中でも一番小さいのですが、その分船長をはじめスタッフと乗客との距離が近く、細やかな対応をしてもらえるメリットがあります。

寄港地も大型船では寄港できない場所や離島にも行けるので、にっぽん丸でしか味わえない風景のよさもあります。

クリスマスシーズンにはワンナイトクルーズも多数用意されていますし、冬の澄んだ空気の中で見られる

「別府花火と瀬戸内海クリスマスクルーズ3日間」

もおすすめです。

船上でオペラが見られる新春のオペラクルーズ3日間も見逃せませんよ!

【洋上の楽園・ぱしふぃっくびいなす】

1130-24
日本船3船のなかで、もっともスタッフに親しみを感じて楽しめるのがぱしふぃっくびいなすでしょう。

船のコンセプトが「ふれんどしっぷ」「洋上の我が家」というだけあって、気さくで温かい雰囲気と、まるで家に帰ってきたような安らぎを感じさせてくれます。

ぱしふぃっくびいなすの最大の魅力は「お客様に楽しんでもらいたい」というサービス精神ではないでしょう。

乗船した方々の体験記でもわかるのは船長の人気が高いこと。

由良船長の経験の豊かさからくる話題の引き出しの多さ、その人柄もやわらかく、話すだけでなく聞き上手なこともポイントです。

夜空の満点の星を見上げながらの星空観測教室も好評でした。

新船長の松井船長も親しみやすく企画力があり、ギターやハーモニカを自ら演奏し「唄って踊れる船長」として早くも人気が高まっています。

船内イベントのマジックショーも、マジシャンがテクニックだけでなくトークでも楽しませてくれるので倍面白いです(^^)

物真似歌謡ショーでもタレントの物真似と歌の上手さが素晴らしく、なおかつ客席を爆笑に巻き込む巧みなトークもハイレベルなので、はじめは期待してなかった人も大満足で閉幕を迎えられるのです。

時にはスタッフ自らが身体を張って着ぐるみに入ってイベントを盛り上げたりしてくれるので、

「またスタッフに会いに来た」

とリピーターになる人も多いのです♪

ぱしふぃっくびいなすもクリスマスのワンナイトクルーズや、ダンスのレッスン&ダンスパーティが楽しめるダンスクルーズ2日間、

屋久島や伊勢神宮などパワースポット2泊3日のクルーズもありますから、ぜひご参加下さい!







関連記事

3代目といえば…「おがさわら丸」が熱いんです!

【新生おがさわら丸は速い!きれい!】 J Soul Brothersではありませんが(笑)こち

記事を読む

クリスタル・リバークルーズって?

【海で培った極上サービスをリバークルーズで!】 クリスタル・リバークルーズは海のクルーズで評判

記事を読む

”はなまる”なクルーズ

すでに放送が終了してしまっている 『はなまるマーケット』で、 2013年にはとても多くの クル

記事を読む

家族連れに大人気!ロイヤルカリビアンクルーズ(RCC)のクルーズ船

【ロイヤルカリビアンの船は洋上のアミューズメントパーク!】 ロッククライミングウォールやアイス

記事を読む

プリンセスクルーズってこんな船

【日本人に最も身近な外国客船!】 今、日本人に「乗ったことがある外国船は?」と聞けば 「

記事を読む

MSCメラビリアってどんな船?

【“感嘆”に満ち溢れた新造船】 イタリアのクルーズ会社MSCクルーズが4年ぶりの新造船をデビュ

記事を読む

日本のクルーズ船ってどう?

クルーズ客船といえば外国船という イメージが強いですが、日本にも 「飛鳥Ⅱ」「にっぽん丸」

記事を読む

MSCスプレンディダについて知りたい

【イタリアのきらめく超大型客船!】 MSCクルーズのMSCスプレンディダは13万7千トンもある

記事を読む

スタークルーズってこんな船

【大人気の“アジアン・ホスピタリティ”客船】 櫻井翔×北川景子主演の映画「謎解きはディナーのあ

記事を読む

ファミリー向け豪華客船ってどんなクルーズ船?

豪華客船の旅というと、年配の ご夫婦がゆったりと楽しむ イメージも強くありますが、 最近では

記事を読む

北海道の小樽港ってどんなとこ?

【貿易拠点から観光拠点へ】 北海道の小樽港は明治から大正時代にか

行ったことある?魅惑のキューバクルーズ

【クルーズ発祥の地カリブ海の真珠】 カリブ海はクルーズ発祥の地で

山形県の酒田港ってどんなとこ?

【江戸時代は北前船、現代は大型客船の港!】 酒田港は山形県を代表

セレブリティ・ミレニアムについて知りたい

【モダンラグジュアリーなプレミアム船】 洗練されたサービスとクオ

来年の夏こそはドナウ川クルーズへ

【夏ならではの美しい風景!】 ドナウ川クルーズというと最近は冬の

→もっと見る

  • クルーズガイド運営者: ゆか

    京都に住んでいる40代・女性です。
    旅行が大好きで、初めてクルーズに行ってからクルーズが大好きになりました。

    クルーズのお得な情報や最新のお話を掲載していますので、ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

    クルーズ経験

    ◆ダイヤモンド・プリンセス(プリンセスクルーズ)
     日本一周クルーズ 、 北海道周遊クルーズ

    ◆ノルウェージャン・エピック(ノルウェージャン・クルーズ)
     地中海クルーズ

    ◆ボイジャー・オブ・ザ・シーズ(ロイヤルカリビアンクルーズ)
     日本半周&ソウルクルーズ

    ◆ゴールデン・プリンセス(プリンセス・クルーズ)
     台湾発 沖縄(那覇・宮古島・石垣島)クルーズ

    ◆アマデウス・シルバーⅡ(ルフトナークルーズ)
     ライン川クルーズ&クリスマスマーケット

    ◆にっぽん丸

PAGE TOP ↑