*

日本の冬に行きたい カナリア諸島クルーズ

公開日: : 最終更新日:2017/10/29 行き先・コース

【大西洋のハワイ!カナリア諸島の魅力】

canariacruise1
カナリア諸島とはアフリカ大陸の北西沿岸、大西洋上にある7つの島のことです。

中世にカスティリア王国が支配して以来、スペイン領となり現在に至ります。

スペイン本土からは1千kmほど離れているので、スペインはじめヨーロッパの人たちから手頃なリゾートアイランドとして人気が高く「大西洋のハワイ」として好まれています。

火山島なので年間通して温かくて過ごしやすく「常春の島」とも呼ばれています。

中心となるテネリフェ島にはスペイン国内最高峰のテイデ山があり、山を含める周辺は国立公園として保護されており、2007年には世界遺産にも登録されたほどの美しい風景です。

そこにはアーモンドの木もたくさんあって、2月から3月にかけて花が咲くのですが、これが桜にそっくりなんです。

山頂に雪が積もったテイデ山とアーモンドの花が咲く風景が重なると、なんとなく日本を思い起こさせると言う人も多く、そんなところもカナリア諸島クルーズが日本で人気の理由かもしれませんね。

そしてテイデ山の周辺は緑濃いエリアだけではなく、火山活動によって生まれた奇岩がたくさんあります。

何度も溶岩が流れ出した事がわかる地層が見られたり、砂の平原があったりと大自然の驚異の世界に触れることが出来ますよ。

普通のクルーズの旅ではなかなか味わえない魅力ですね。

【竜血の採れる木に宝石の塔の花!】

canaria-ryuuketsuju
カナリア諸島の見所といえば「竜血樹」ですね。

これはドラセナの一種の高木で、樹皮から採れる赤い樹脂が「竜血」として珍重され、古代ローマ時代より鎮痛剤や止血剤として使われたり、中世には染料として使われていました。

東洋では「麒麟血」とも呼ばれて漢方薬の成分として用いられたので、重要な輸出品とされました。

テネリフェ島のイコッドには世界一長寿(樹齢500~700年とも)と言われている竜血樹ドラセナ・ドラコがあり、生命の樹としてカナリア諸島のシンボルにもなっています。

また、エキウム・ウィルドプレッティというカナリア諸島固有の植物も有名です。

高さ3mを超えて育ち、花穂も1mを越すほど。紅色の花がまるで赤い宝石をびっしりと付けているようにも見えるので「宝石の塔」と言われています。
canaria-ekium
カナリア諸島の一番東にあるランサローテ島にはティマンファヤ国立公園があり、こちらでは大規模な火山活動によって作られた溶岩大地と300以上のクレーターを見ることができます。

火山灰が堆積して出来た砂漠もあり、まるで火星か月にでも着たような不思議な光景です。

実際にSF映画のロケ地にも何度も使われたそうですよ。

ここでは地熱を利用したバーベキューも食べることが出来ます。

なんせ地面を2mも掘れば200度、12m下は400度の高温ですから、枯葉や藁を投げ入れるだけで火がついて燃え上がりますし、水を入れたら爆発音と共に水蒸気の柱が立ちます。

こんな体験ができるのもカナリア諸島ならではですね。

【カナリア諸島クルーズはどんな船で?】

canaria-tenerife
カナリア諸島のクルーズは様々なクルーズ会社の船が催行しています。

コスタ、ロイヤルカリビアンインターナショナル、MSC、セレブリティノルウェージャン、シーボーン、サガ…。

発着港で多いのはイギリスのサウサンプトン、イタリアのローマ、ジェノバ。フランスのマルセイユやスペインのバルセロナもあります。

また、イタリアのローマ発アメリカのフォートローダテール着、ジェノバ発ブラジルのリオデジャネイロ着やアルゼンチンのブエノスアイレス着など、終日航海日を多くはさんだロングクルーズもありますよ。

たとえば「コスタデリチョーザ号で行くカナリア諸島クルーズ31泊32日」の場合、イタリアのベニス発アメリカのエバーグレーズ着でイタリア・ギリシャ・フランス・スペインなどをまわって1人429,780円~と、1日あたり約13,000円で行けてしまいます。

同じくコスタの「コスタマジカ号で行くカナリア諸島クルーズ11泊12日」チビタベッキア(ローマ)発着の場合は1日あたり約1万円なのでこれまたお手頃ですよね。

今年の冬は寒い日本を飛び出して、暖かい常春のカナリア諸島クルーズをしてみませんか。

大自然の驚異の風景意外にも中世の街並みを残す旧市街地も世界遺産に指定されていますし、

火山灰の下の肥沃な層まで掘った大きな穴の中にぶどうを植えるという独特の栽培方法で作ったランサローテのワインもおすすめですよ!







関連記事

北海道周遊の旅行にクルーズという選択肢も?

北海道周遊旅なら、ぜひクルーズ がおすすめです。   広大な北海道は本

記事を読む

新婚旅行にカリブ海クルーズはいかが?

新婚旅行の思い出に、エメラルド グリーンの美しい海の景色を 刻みませんか? カリブ海のクル

記事を読む

日本の冬に行きたい オーストラリア・ニュージーランドクルーズ

【寒い冬から時差の少ない南海の楽園へ!】 寒い日本の冬を抜け出して暖かい国へ行きたいのなら、オ

記事を読む

アラスカに豪華客船クルーズで行ける?

クルーズ旅行には 人気のスポットが たくさんありますが、 地中海、カリブ海と並んで 人

記事を読む

クルーズの海外旅行先 人気ランキング!

クルーズ旅行でも やはり人気の行き先が あるものです。 特に人気が高いのが、 地中海、

記事を読む

大相撲クルーズ(飛鳥II)とは何ですか?

大相撲協会とクルーズの コラボレーションを行っているのが 飛鳥Ⅱの大相撲クルーズです。 &

記事を読む

地中海クルーズについて

【地中海クルーズならこの会社!】 地中海はハネムーンカップルをはじめ、多くのクルーズ客に大人気

記事を読む

今、人気のキューバクルーズが知りたい

【キューバはクルーズ激戦地だから安い!】 今、クルーズファンの間で人気が高まっているのが中南米

記事を読む

阿波踊りと熊野花火大会が見られるクルーズツアーとは?

「えらいやっちゃ、 えらいやっちゃ、 ヨイヨイヨイヨイ~♪」 の唄声で有名な阿波踊り。

記事を読む

アドリア海クルーズについて知りたい

アドリア海は地中海の北のエリアで イタリアの東側にある海域です。   クルー

記事を読む

北海道の小樽港ってどんなとこ?

【貿易拠点から観光拠点へ】 北海道の小樽港は明治から大正時代にか

行ったことある?魅惑のキューバクルーズ

【クルーズ発祥の地カリブ海の真珠】 カリブ海はクルーズ発祥の地で

山形県の酒田港ってどんなとこ?

【江戸時代は北前船、現代は大型客船の港!】 酒田港は山形県を代表

セレブリティ・ミレニアムについて知りたい

【モダンラグジュアリーなプレミアム船】 洗練されたサービスとクオ

来年の夏こそはドナウ川クルーズへ

【夏ならではの美しい風景!】 ドナウ川クルーズというと最近は冬の

→もっと見る

  • クルーズガイド運営者: ゆか

    京都に住んでいる40代・女性です。
    旅行が大好きで、初めてクルーズに行ってからクルーズが大好きになりました。

    クルーズのお得な情報や最新のお話を掲載していますので、ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

    クルーズ経験

    ◆ダイヤモンド・プリンセス(プリンセスクルーズ)
     日本一周クルーズ 、 北海道周遊クルーズ

    ◆ノルウェージャン・エピック(ノルウェージャン・クルーズ)
     地中海クルーズ

    ◆ボイジャー・オブ・ザ・シーズ(ロイヤルカリビアンクルーズ)
     日本半周&ソウルクルーズ

    ◆ゴールデン・プリンセス(プリンセス・クルーズ)
     台湾発 沖縄(那覇・宮古島・石垣島)クルーズ

    ◆アマデウス・シルバーⅡ(ルフトナークルーズ)
     ライン川クルーズ&クリスマスマーケット

    ◆にっぽん丸

PAGE TOP ↑