*

日本の冬に行きたい オーストラリア・ニュージーランドクルーズ

公開日: : 最終更新日:2017/10/31 未分類, 行き先・コース

【寒い冬から時差の少ない南海の楽園へ!】


寒い日本の冬を抜け出して暖かい国へ行きたいのなら、オーストラリアがおすすめです!

なぜなら、オーストラリアは日本と季節が逆なので、冬の寒い時期あちらは夏真っ盛り!

さらに日本との時差が1~2時間と少なく、昼夜逆転などによる体調不良に悩まされること無く旅を満喫できるからです(^▽^)

日中の平均気温35度以上にも上がるものの、蒸し暑さが残る日本の夜とはと違って日没後はさわやかで過ごしやすいのもポイントが高いですね。

また、オーストラリアは日本の約21倍も広いので、エリアによっても気候が異なります。

南東部のシドニーやメルボルンなどは温帯性気候で日本と同じように四季があり、東部のブリスベン、ゴールド・コーストなどは亜熱帯性気候で晴天率が高いです。

北東部のケアンズは熱帯性気候で、熱帯雨林とグレートバリアリーフをはじめとするサンゴ礁のきらめく海の美しさを楽しめます。

エアーズ・ロックで有名なウルルなど中央部は砂漠性気候地域で、まったく違った風景を観ることができます。

同じ国でも様々な気候や風景が味わえるのはオーストラリアならではの良さですね。

さらに世界遺産フィヨルドのあるニュージーランドや天国に一番近い島ニューカレドニアなど、近くの島国をめぐることができるのもクルーズならではのメリットですね♪

【オーストラリア・ニュージーランドの見どころは?】


それではここでオーストラリア・ニュージーランドクルーズの見どころをご紹介しましょう。

オペラハウスとハーバーブリッジが印象的なシドニーの港は世界三大美港と言われていて、夜景も素晴らしいのです。

入港・出港の時はぜひ船上からこの絶景をお楽しみ下さい。

ブルーマウンテンズ国立公園では断崖絶壁の岩肌や奇岩があり、魔法によって岩に変えられてしまった三姉妹の伝説が残るスリー・シスターズも印象的ですよ。

渓谷を覆いつくすユーカリの樹海から発生する油分が霧となり、太陽光が当たると神秘的に青くかすむことから“ブルーマウンテン”と言う名がついた美しい景観は他では見られません。

ケアンズではもちろんエメラルドグリーンとコバルトブルーに輝くグレートバリアリーフの素晴らしさを。

大迫力の水量が流れ落ちるバロン滝や、ガラス張りのゴンドラ、スカイレール・レイン・フォレスト・ケーブルウェイで世界遺産の大自然を眺めたり、

TV番組「世界の車窓から」のオープニング画像で10年間使われていたキュランダの高原列車から絶景を楽しむのもおすすめです。

山紫水明の地ニュージーランドでは太古の氷河地形フィヨルドランド国立公園は絶対にはずせませんね!

首都ウェリントンではぜひ真っ赤な可愛いケーブルカーに乗って緑豊かな街を見下ろしてください♪

【オセアニアクルーズならこの船!】


日本を代表するクルーズ客船・飛鳥Ⅱが2018年1月から3月にかけて、39日間のオセアニアグランドクルーズを催行します。

横浜または神戸発着で、サイパン・オーストラリア・ニュージーランド・ニューカレドニア・グアムにも寄港するので各地の様々な魅力満載な旅になりそうですね!

しかも日本船ですから言葉の心配もいりませんし、大浴場もあるので旅の疲れも癒されます。

気になる食事も東京ミッドタウンHAL YAMASHITAオーナーシェフの山下春幸氏をゲストに迎えての特別ディナーなど、こだわりの美食が期待されますね。

ご家族連れでカジュアルなクルーズを楽しみたい方には、ロイヤルカリビアン・インターナショナルの船はいかがでしょうか。

展望カプセル「ノーススター」やスカイダイビングシミュレーター「アイフライ」があるオベーション・オブ・ザ・シーズでは、

シドニー発着でニュージーランドを周遊するクルーズを10泊11日と12泊13日で用意しています。

小さなお子様をお連れの方にはアットホームで託児室も増設されたレディアンス・オブ・ザ・シーズも、

シドニー発着でニュージーランドを周遊する11~14泊クルーズを催行しているのでおすすめです。

この他、ノルウェージャン・ジュエルセレブリティ・ソルスティス、ゴールデン・プリンセスなどもオセアニアクルーズを行っていますよ!







関連記事

クルーズ船が子供連れでも安心な理由

【カジュアル船なら子供が無料の船も!】 子供連れの旅はいろいろ大変ですが、クルーズ客船ならとっ

記事を読む

日本発着クルーズ 2015年の予定は?

2015年のクルーズの予定が 続々と決まり始めています。 比較的気軽に出かけられる 日本

記事を読む

川崎の工場夜景クルーズはどう?

夜景といえば、北海道函館山、 神戸摩耶山、長崎稲佐山といった 名所から望むものが有名ですね。

記事を読む

オセアニアクルーズ比較

オーストラリアや ニュージーランド、 ニューギニアなどを含めた エリアをオセアニアといい、

記事を読む

北欧フィヨルドクルーズについて知りたい

フィヨルドとは、氷河がその重みに よって山の斜面を削りながら海へと 融け落ちてゆく際にできた谷に

記事を読む

カリブ海クルーズ 人気のコース

カリブ海クルーズで人気といえば、 やはり西カリブを巡るコースです。 西カリブなら

記事を読む

今、人気のキューバクルーズが知りたい

【キューバはクルーズ激戦地だから安い!】 今、クルーズファンの間で人気が高まっているのが中南米

記事を読む

コスタディアデマのクルーズコースを教えて!

コスタ船団の新旗艦・コスタディア デマは2014年11月に就航しました。  

記事を読む

クルーズ船のカジノはいつオープンしているの?

【カジノのオープン情報はこれをチェック!】 クルーズ船のカジノは寄港地に停泊している間は営業で

記事を読む

一度は行きたい南極クルーズ!

【南極への旅は今や快適!】 昔、南極といえば探検隊が遠征して行く特殊なところというイメージがあ

記事を読む

北海道の小樽港ってどんなとこ?

【貿易拠点から観光拠点へ】 北海道の小樽港は明治から大正時代にか

行ったことある?魅惑のキューバクルーズ

【クルーズ発祥の地カリブ海の真珠】 カリブ海はクルーズ発祥の地で

山形県の酒田港ってどんなとこ?

【江戸時代は北前船、現代は大型客船の港!】 酒田港は山形県を代表

セレブリティ・ミレニアムについて知りたい

【モダンラグジュアリーなプレミアム船】 洗練されたサービスとクオ

来年の夏こそはドナウ川クルーズへ

【夏ならではの美しい風景!】 ドナウ川クルーズというと最近は冬の

→もっと見る

  • クルーズガイド運営者: ゆか

    京都に住んでいる40代・女性です。
    旅行が大好きで、初めてクルーズに行ってからクルーズが大好きになりました。

    クルーズのお得な情報や最新のお話を掲載していますので、ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

    クルーズ経験

    ◆ダイヤモンド・プリンセス(プリンセスクルーズ)
     日本一周クルーズ 、 北海道周遊クルーズ

    ◆ノルウェージャン・エピック(ノルウェージャン・クルーズ)
     地中海クルーズ

    ◆ボイジャー・オブ・ザ・シーズ(ロイヤルカリビアンクルーズ)
     日本半周&ソウルクルーズ

    ◆ゴールデン・プリンセス(プリンセス・クルーズ)
     台湾発 沖縄(那覇・宮古島・石垣島)クルーズ

    ◆アマデウス・シルバーⅡ(ルフトナークルーズ)
     ライン川クルーズ&クリスマスマーケット

    ◆にっぽん丸

PAGE TOP ↑