*

MSCスプレンディダについて知りたい

【イタリアのきらめく超大型客船!】


MSCクルーズのMSCスプレンディダは13万7千トンもある超大型客船です。

船内は3層吹き抜けのアトリウムにスワロフスキーを敷き詰めた階段がきらめきを放ち、カジュアル船でありながらいかにも外国の豪華客船といった雰囲気を出しています。

このきらめく階段は1段200万円とも言われ(!)特に女性客からフォーマルナイトの記念撮影スポットとして人気を集めています。

メインダイニングも2層吹き抜けになっており、大理石の床やメタリックな階段手すりなどが照明を受けて優雅に輝いて晩餐を彩ります。

ラウンジやバーなどはイタリアらしいビビッドな色使いをうまく取り入れ、非日常の世界感を高めてくれます。

かと思えばカフェ「ラ・ピアツェッタ」ではまるで南イタリアの広場にいるような雰囲気も。

空色の天井にイタリア名産のレモンをモチーフにした黄色いタイル張りの柱やイスも、なんとも素敵です。

お子様連れの方にも嬉しいサービスがありますよ。

MSCクルーズでは12歳未満で両親と同室宿泊の場合は、子ども料金が無料になるんです!

しかもスプレンディダのキッズルームは北極をイメージしたとても楽しい造りになっており、白熊やアザラシなどが飾られていておもちゃもたくさん揃っています。

お子さんを安心して預けて、夫婦だけでロマンティックなディナーやバータイムを味わうことが出来ますよ(^^)

【生ハムにワインも!本場のイタリア料理】


イタリアのクルーズ客船ならではの本場イタリア料理が味わえるのもスプレンディダの大きな魅力です。

ロブスターなどシーフード料理も美味しいですし、船の厨房で手作りするパスタやピザがもう最高です。

ビュッフェレストランでも本場の生ハムやサラミがずらりと並ぶので、ついついワインが進みます。

ティラミスやパンナコッタなどのドルチェも美味しすぎると評判ですよ。

船内には6つのレストランとバーが17ヶ所もありますから、旅の間に日替わりでいろんな店を食べ歩くのもおすすめです♪

美味しい食事で満たされた身体は、ゆっくり客室で休めましょう。

スプレンディダの船内はアントニオ・ガウディゆかりのバルセロナ新芸術モードが基調となっていますが、客室内はとても落着いたインテリアになっているので、くつろいで過ごす事ができます。

さらに最上階にはMSCヨットクラブというVIPエリアもあって、24時間対応のバトラーサービス、専用コンシェルジェをはじめとする特別なサービスの数々を堪能することもできますよ。

ヨットクラブの客室から直接プライベート・リフトで行けるMSCアウレア・スパでアロマテラピーやバリ式マッサージなど、

活性化を促す極上のヘルス&ビューティトリートメントコースも受けることが出来ますので、ぜひどうぞ♪

【初の日本発着クルーズ!】


2018年の5月、MSCスプレンディダは日本に初寄港します。しかも、MSCクルーズ初の日本発着クルーズを催行するんです!

このクルーズは「日本の美を再発見する10日間」と題され、横浜港を5月6日(日)の夕方に出港します。

7日(月)の終日航海を経て8日(火)のお昼に富山県の伏木港に。立山黒部アルペンルートの高さ20mに迫るダイナミックな雪の壁をぜひご覧下さい。

夜の8時に出港して9日(水)の朝、石川県の金沢港に入ります。日本三大名園の兼六園や加賀百万石の城下町をお楽しみ下さい。

翌朝には京都府の舞鶴港へ。日本三景の天橋立見物ははずせませんね。

11日(金)の昼には韓国の釜山港へ。ソウルに次ぐ韓国第2の都市で韓国料理やショッピング、新羅王国時代の遺物が収蔵されている世界遺産・国立慶州博物館もぜひおいで下さい。

12日(土)には雄大な活火山桜島を間近に見る鹿児島港へ。

西郷隆盛の生涯を描く大河ドラマ「せごどん」で盛り上がる薩摩で砂蒸し温泉に入って、美味しい黒豚料理を召し上がって下さい。

13日(日)には四国高知港へ。一豊の妻の内助の功で得た土佐の高知城や、坂本龍馬が見下ろす桂浜の荒波もぜひご照覧下さい。

終日クルーズを経て15日(火)に横浜に戻ります。終日クルーズの間もイタリア風の陽気で温かいイベントサービスが盛りだくさんなので、きっと充実した船旅になりますよ。

料金は2名様1室利用大人1名98,000円~となっております。お申し込みはお早めにどうぞ!







関連記事

福岡港に来る豪華客船って何ですか?

福岡の博多港は20年以上連続で 外国航路船舶乗降人数日本一を 誇る港です。 豪華客船

記事を読む

一度は行きたい南極クルーズ!

【南極への旅は今や快適!】 昔、南極といえば探検隊が遠征して行く特殊なところというイメージがあ

記事を読む

サンフアン(プエルトリコ)の観光&国定史跡情報

カリブ海に浮かぶ島プエルトリコは、 16世紀にスペインによって 植民地化された際に 「豊

記事を読む

にっぽん丸はクルーズ初心者にも人気

【初めてのクルーズならにっぽん丸!その理由とは】 日本のクルーズ客船は飛鳥Ⅱ・にっぽん丸・

記事を読む

この秋に乗船できるクルーズ船いろいろ

【日本人のための外国客船!ダイヤモンド・プリンセス】 「外国のクルーズ客船に乗ってみたいけれど

記事を読む

ウインドスタークルーズについて教えて

【“ヨットスタイルクルーズ”を体感できる客船!】 クルーズファンの憧れである「ヨットスタイル」

記事を読む

プリンセスクルーズってこんな船

【日本人に最も身近な外国客船!】 今、日本人に「乗ったことがある外国船は?」と聞けば 「

記事を読む

ファミリー向け豪華客船ってどんなクルーズ船?

豪華客船の旅というと、年配の ご夫婦がゆったりと楽しむ イメージも強くありますが、 最近では

記事を読む

2016年の新造船が知りたい

クルーズ客船はいろんな種類が あって選ぶのも楽しいですが、 2016年にも素敵な新造船が次々

記事を読む

コスタビクトリアの日本発着クルーズについて知りたい

【福岡・金沢・舞鶴で新たに発着!】 2016年のコスタビクトリア 日本発着クルーズでは、

記事を読む

北海道の小樽港ってどんなとこ?

【貿易拠点から観光拠点へ】 北海道の小樽港は明治から大正時代にか

行ったことある?魅惑のキューバクルーズ

【クルーズ発祥の地カリブ海の真珠】 カリブ海はクルーズ発祥の地で

山形県の酒田港ってどんなとこ?

【江戸時代は北前船、現代は大型客船の港!】 酒田港は山形県を代表

セレブリティ・ミレニアムについて知りたい

【モダンラグジュアリーなプレミアム船】 洗練されたサービスとクオ

来年の夏こそはドナウ川クルーズへ

【夏ならではの美しい風景!】 ドナウ川クルーズというと最近は冬の

→もっと見る

  • クルーズガイド運営者: ゆか

    京都に住んでいる40代・女性です。
    旅行が大好きで、初めてクルーズに行ってからクルーズが大好きになりました。

    クルーズのお得な情報や最新のお話を掲載していますので、ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

    クルーズ経験

    ◆ダイヤモンド・プリンセス(プリンセスクルーズ)
     日本一周クルーズ 、 北海道周遊クルーズ

    ◆ノルウェージャン・エピック(ノルウェージャン・クルーズ)
     地中海クルーズ

    ◆ボイジャー・オブ・ザ・シーズ(ロイヤルカリビアンクルーズ)
     日本半周&ソウルクルーズ

    ◆ゴールデン・プリンセス(プリンセス・クルーズ)
     台湾発 沖縄(那覇・宮古島・石垣島)クルーズ

    ◆アマデウス・シルバーⅡ(ルフトナークルーズ)
     ライン川クルーズ&クリスマスマーケット

    ◆にっぽん丸

PAGE TOP ↑