*

行ったことある?魅惑のキューバクルーズ

公開日: : 最終更新日:2017/12/26 船の種類・航路

【クルーズ発祥の地カリブ海の真珠】


カリブ海はクルーズ発祥の地であると同時に、世界最大のクルーズエリアです。

その中でも「カリブ海の真珠」と讃えられるのがキューバです。

カリブ海最大の島で、1492年コロンブスによって“発見”されて以来、スペイン人により征服され、その後400年にわたり植民地とされました。

1902年には独立したものの、今度はアメリカの支配下となり、1059年のキューバ革命以後はアメリカから外国交断絶、経済封鎖を受けるなどしました。

しかし2015年には59年ぶりのアメリカ・キューバ首脳会談が行われ、アメリカとの国交回復がなったことでアメリカからのクルーズ客が増加して、非常ににぎわっているのです。

白い砂浜とコバルトブルーの海が織り成す風景は「世界で最も美しい」と評されるほど。

世界遺産ヴィニャーレス渓谷やアレハンドロ・デ・フンボルト国立公園の眺めも素晴らしいです。

植民地時代に鉱山採掘や砂糖農園の労働力として、アフリカから黒人奴隷が多く連れてこられたこともあり、

キューバの文化は先住民族とスペイン、アフリカが融合した独特のものになっています。

街並みもスペインの影響を色濃く残すハバナ旧市街があるかと思えば、1950~60年代のアメリカのクラシックカーがタクシーとして多数走行していたりと、

なんとも不思議な風景が観られるのです。

ではそんなキューバの人気スポットをいくつかご紹介しましょう。

【キューバの人気スポットは?】


・バラデロビーチ 

キューバ随一のリゾート地で、コバルトブルーからエメラルドグリーンにグラデーションする海と、さらさらの白砂が約30km続くその風景は

「天国に一番近い島!」

と言っても過言ではないでしょう。

・ヴィニャーレス渓谷 

「現代の桃源郷」「ジュラシックパークの世界」とも言われる美しい自然が広がります。

伝統的な農法で栽培されているタバコ農園の見学や、鍾乳洞内の湖からボートで外に出るなど、なかなか出来ない体験もおすすめです。

・アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園 

原始時代のような風景のなかに絶滅危惧種の鳥類が多く生息し、世界最小のカエルやカラフルなカタツムリも見ることができます。

・ハバナ旧市街 

スペイン植民地時代に建てられたフエルサ要塞、モロ要塞、ブンタ要塞、カバーニャ要塞や、

バロック建築のハバナ大聖堂やハバナ大劇場(ガルシーア・ロルカ劇場)はとても見ごたえがあります。

黄色や青、ピンクなどに彩られた町の建物も異文化を感じさせますし、

フローズンダイキリやラム酒とレモンジュース、砂糖と水でミントの葉を押しつぶしながら飲むお酒・モヒートを飲みながら一服するのもおすすめです。

スイーツ女子にはムセオ・デル・チョコラーテ(チョコレート博物館)はいかがでしょうか。

キューバ特産のチョコレートドリンクや葉巻型やペンギンなど可愛い形のチョコレートもありますよ♪

【キューバに行くならこの船!】


キューバには様々な船会社の船がクルーズを行っています。

ハバナ発でキューバをめぐるクルーズを行っているのがセレスティアル・クルーズのセレスティアル・クリスタル

毎週月曜日に出発して1週間かけてハバナ・シエンフエゴス・モンテゴベイ・サンティアゴ・デ・クーバをめぐります。

キューバの港によく寄港する船はホーランド・アメリカ・ラインのヴィーンダムです。

フォート・ローダテール発着でコズメルやコスタマヤ、キーウエストにグランド・ケイマン島などもめぐる12日間のクルーズも行っていますよ。

オーシャニア・クルーズのイングシニアシィレーナはマイアミ発着で7泊~13泊のクルーズを。

アザマラ・クラブ・クルーズのアザマラ・クエストアザマラ・ジャーニーもマイアミ発着で9~10泊のコースを催行しています。

この他にもMSCクルーズのMSCオペラ、MSCアルモニアがハバナ発着で7泊~14泊。

ロイヤル・カリビアン・インターナショナルのエンプレス・オブ・ザ・シーズはフロリダ州タンパ発着で4泊~6泊のショートクルーズを行っています。

カーニバルクルーズ・ラインのカーニバル・パラダイス

ノルウェージャン・クルーズ・ラインのノルウェージャンスカイノルウェージャンサンもショートクルーズを行っています。

ぜひお好きな船を選んでキューバクルーズをお楽しみ下さい!







関連記事

2016年の新造船が知りたい

クルーズ客船はいろんな種類が あって選ぶのも楽しいですが、 2016年にも素敵な新造船が次々

記事を読む

ダイヤモンドプリンセスが人気の理由

【日本人にあわせた豪華外国客船!】 数ある外国客船のなかでもダイヤモンド・プリンセスの人気が高

記事を読む

ウインドスタークルーズについて教えて

【“ヨットスタイルクルーズ”を体感できる客船!】 クルーズファンの憧れである「ヨットスタイル」

記事を読む

ラグジュアリー船ってどんな船?

クルーズ船の案内を 見ていると、 クルーズ船の種類にも いくつかあることが分かります。

記事を読む

夏のヨーロッパリバークルズはいかが?

ヨーロッパを旅行するなら 夏がベストシーズンですね。 日本のような湿気がないので 快適です

記事を読む

春休みに家族でディズニークルーズはいかが?

春休みにディズニーランドに行こう と思っているディズニーファンの ご家族の皆様、 この春は

記事を読む

コスタビクトリアの日本クルーズについて知りたい

陽気で気さくなイタリアン スタイルのおもてなしが人気の クルーズ船・コスタビクトリア。 好

記事を読む

日本人におすすめの日本のクルーズ船

【25年連続1位!ダントツ人気の飛鳥Ⅱ】 船旅マガジン「CRUISE」主催の客船人気ランキング

記事を読む

プリンセスクルーズってこんな船

【日本人に最も身近な外国客船!】 今、日本人に「乗ったことがある外国船は?」と聞けば 「

記事を読む

サンフアン(プエルトリコ)の観光&国定史跡情報

カリブ海に浮かぶ島プエルトリコは、 16世紀にスペインによって 植民地化された際に 「豊

記事を読む

北海道の小樽港ってどんなとこ?

【貿易拠点から観光拠点へ】 北海道の小樽港は明治から大正時代にか

行ったことある?魅惑のキューバクルーズ

【クルーズ発祥の地カリブ海の真珠】 カリブ海はクルーズ発祥の地で

山形県の酒田港ってどんなとこ?

【江戸時代は北前船、現代は大型客船の港!】 酒田港は山形県を代表

セレブリティ・ミレニアムについて知りたい

【モダンラグジュアリーなプレミアム船】 洗練されたサービスとクオ

来年の夏こそはドナウ川クルーズへ

【夏ならではの美しい風景!】 ドナウ川クルーズというと最近は冬の

→もっと見る

  • クルーズガイド運営者: ゆか

    京都に住んでいる40代・女性です。
    旅行が大好きで、初めてクルーズに行ってからクルーズが大好きになりました。

    クルーズのお得な情報や最新のお話を掲載していますので、ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

    クルーズ経験

    ◆ダイヤモンド・プリンセス(プリンセスクルーズ)
     日本一周クルーズ 、 北海道周遊クルーズ

    ◆ノルウェージャン・エピック(ノルウェージャン・クルーズ)
     地中海クルーズ

    ◆ボイジャー・オブ・ザ・シーズ(ロイヤルカリビアンクルーズ)
     日本半周&ソウルクルーズ

    ◆ゴールデン・プリンセス(プリンセス・クルーズ)
     台湾発 沖縄(那覇・宮古島・石垣島)クルーズ

    ◆アマデウス・シルバーⅡ(ルフトナークルーズ)
     ライン川クルーズ&クリスマスマーケット

    ◆にっぽん丸

PAGE TOP ↑