*

北海道の小樽港ってどんなとこ?

公開日: : 最終更新日:2018/01/02 寄港地情報

【貿易拠点から観光拠点へ】


北海道の小樽港は明治から大正時代にかけて「北海道一の貿易拠点」となった歴史があります。

北海道開拓に伴う穀物や石炭、木材などを積んだ船が小樽港に集まり、また札幌駅と小樽駅をつなぐ北海道初の鉄道での貨物輸送も相まって、交易で北海道一の港となりました。

石炭やニシン、穀物は相場商品として資産運用の対象となり、為替や保険といった金融に関わる機能も必要とされるようになり、

日本銀行小樽支店を皮切りに20件以上もの銀行支店が開設されて「北のウォール街」との異名までつきました。

その後ニシンの不漁、石炭鉱山の閉山、貨物の輸送は船から車へと移り、小樽は貿易拠点としての役割をなくして行きました。

しかし現在、小樽は観光拠点としてにぎわっています。

大正時代に物資運搬と貯蔵のために造られた小樽運河と石造りの倉庫郡がレトロな雰囲気を醸し出し、多くの人を惹きつけて止まないのです。

建物の雰囲気に合わせて人力車やレトロバスが走ったり、小樽運河のガス灯や倉庫群、旧銀行の建物などもライトアップされるなど、年間を通じて多くの観光客が訪れています。

クルーズ客船も2017年には小樽港に26回も寄港し、日本船の飛鳥Ⅱ、にっぽん丸、ぱしふぃっくびいなすだけではなく

外国船のコスタ・ビクトリア、ダイヤモンド・プリンセス、シルバー・ディスカバラー、セレブリティ・ミレニアムなど大型客船も多数来航している人気の港となっています。

【小樽の人気観光スポットは?】


小樽といえばやはり小樽運河ですね。歴史を感じさせる重厚な石造りの倉庫が並び、夜になるとガス等の灯りがともってなんともレトロモダンな雰囲気が漂います。

期間限定で青いLEDによるイルミネーションも施されているので、ぜひご覧下さい。

現在は倉庫を利用した施設がいろいろ入っており、運河プラザという観光案内所と特産品の販売所&カフェでは冬の時期に2000個を積み上げたグラスタワーを飾っていますよ。

漁業につかわれた浮き玉200個を展示する高さ約3mのツリーもお見逃しなく。

地ビールの「小樽ビール」が運営するビアレストランには醸造所もあって、ビールの仕込み釜などを見学することが出来ます。

明治時代の木造石張倉庫を再利用したガラスの製造会社「北一硝子」の三号館では、毎朝8時45分から特別な儀式が行われます。

それは北一ホール内の167本の石油ランプに一本ずつ火をつけていくというもの。

ぜひモーニングコーヒーを飲みながらこのロマンティックな風景を楽しんで下さい。

小樽のシンボル、標高532.4mの天狗山からの眺めも絶景です。

山麓から山頂までロープウエイで4分。市街から小樽港や石狩湾、天気がよければ遠く暑寒別連峰や積丹半島まで眺められます。

夜は宝石をちりばめたような「北海道三大夜景」も一望できますよ。

【小樽の人気グルメは?】


北海道といえば海の幸ですが、海鮮丼を食べるならここ!と評判なのが「澤崎水産 海鮮食堂」です。

利尻昆布を贅沢に食べて育った生エゾバフンウニを盛った特上丼など、新鮮で美味しいものばかりです。

なかなか個性的な店主さんなので、興味の有る方は話しかけてみて下さい(^^)

ラーメンがお好きな方には「らーめん初代」がおすすめです。

小樽の雰囲気にピッタリな石倉を改装した店内で頂けるのは、魚貝系の旨みがぎゅっと詰まったスープの醤油ラーメンです。

限定メニューの白たまり醤油ラーメンや新味噌ラーメンもすべて美味しく、小樽を代表するラーメン屋というのは過言ではありませんね。

小樽では今あんかけ焼きそばも町グルメとして押していて、各店でそれぞれ趣向を凝らしたあんかけ焼きそばを出しています。

「中華食堂 桂苑」は創業50年の老舗で、開店当初からの定番メニューであるあんかけ焼きそばは、地元民も太鼓判を押す美味しさなので、ぜひ召し上がってみて下さい。

桂苑と同じ都通りの商店街には小樽一おいしい「西川のぱんじゅう」もあります!

今川焼きをおまんじゅうにしたような「ぱんじゅう」はとても薄皮で、中にはぎっしりとあんこが入っています。

大正8年創業の「アイスクリームパーラー 美園」では北海道最古のレトロアイスクリームも味わえますよ♪







関連記事

クルーズ船から富士山??『清水』のいいところ

【世界遺産・富士山を間近に望める港】 静岡県の清水港は日本一の山・富士山を間近に望める港です。

記事を読む

一度は訪れたい『伊勢・鳥羽』もクルーズで

【鳥羽は日本船の定番港!】 三重県鳥羽市にある鳥羽港は伊勢志摩の海の玄関口です。 水深が

記事を読む

秋田で行っておきたい観光地

昨年も秋田港には ダイヤモンド・プリンセスをはじめ 有名なクルーズ客船が入港しました。

記事を読む

キャスタウェイケイってどう?

ディズニークルーズで 実際にキャスタウェイケイに 行ったことある人の 感想を見てみましょう。

記事を読む

憧れの(?)ハワイクルーズについて教えて!

昭和20年代に「憧れのハワイ航路」 という唄が大ヒットしたのを ご存知の方はもう少ないかもしれま

記事を読む

MSCムジカでエーゲ海クルーズに行きたい

MSCクルーズのムジカ号は イタリア語で「音楽」を意味しています。 その名の通り、常に耳に心

記事を読む

カーニバルクルーズのアラスカクルーズ

春から夏にかけてはアラスカ クルーズのおすすめシーズンです。   特にカーニ

記事を読む

境港に来る豪華客船はどんなクルーズ船?

鳥取県の境港は豪華客船が多数寄港 することで有名です。   2014年

記事を読む

クルーズ船が寄港する 『長崎』 ってどんなとこ?

【長崎は日本の玄関港!】 長崎港は日本でも有数のクルーズ船が寄港する港として有名です。

記事を読む

『鹿児島』へは豪華客船クルーズで

【新名所:マリンポートかごしま!】 2016年にオープンした「マリンポートかごしま」は大型豪華

記事を読む

北海道の小樽港ってどんなとこ?

【貿易拠点から観光拠点へ】 北海道の小樽港は明治から大正時代にか

行ったことある?魅惑のキューバクルーズ

【クルーズ発祥の地カリブ海の真珠】 カリブ海はクルーズ発祥の地で

山形県の酒田港ってどんなとこ?

【江戸時代は北前船、現代は大型客船の港!】 酒田港は山形県を代表

セレブリティ・ミレニアムについて知りたい

【モダンラグジュアリーなプレミアム船】 洗練されたサービスとクオ

来年の夏こそはドナウ川クルーズへ

【夏ならではの美しい風景!】 ドナウ川クルーズというと最近は冬の

→もっと見る

  • クルーズガイド運営者: ゆか

    京都に住んでいる40代・女性です。
    旅行が大好きで、初めてクルーズに行ってからクルーズが大好きになりました。

    クルーズのお得な情報や最新のお話を掲載していますので、ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

    クルーズ経験

    ◆ダイヤモンド・プリンセス(プリンセスクルーズ)
     日本一周クルーズ 、 北海道周遊クルーズ

    ◆ノルウェージャン・エピック(ノルウェージャン・クルーズ)
     地中海クルーズ

    ◆ボイジャー・オブ・ザ・シーズ(ロイヤルカリビアンクルーズ)
     日本半周&ソウルクルーズ

    ◆ゴールデン・プリンセス(プリンセス・クルーズ)
     台湾発 沖縄(那覇・宮古島・石垣島)クルーズ

    ◆アマデウス・シルバーⅡ(ルフトナークルーズ)
     ライン川クルーズ&クリスマスマーケット

    ◆にっぽん丸

PAGE TOP ↑